2018.5.12~13
中部実業団対抗陸上競技大会

5月12日(土)

種目 出場選手 結果 備考
Jr3000m  和田さくら  優勝/9分38秒75

 

種目 出場選手 結果 備考
3000m  倉岡 奈々 優勝/9分13秒95 大会新記録
 荘司 麻衣 2位/9分22秒13

 

種目 出場選手 結果 備考
10000m  森林 未来 2位/33分21秒88
矢田 みくに 3位/33分27秒83
松本 亜子 4位/34分03秒39 

 

5月13日(日)

種目 出場選手 結果 備考
5000m   池内 彩乃 2位/16分23秒68
小泉 直子 3位/16分31秒29

和田選手コメント

暑い中、たくさんの応援ありがとうございました‼︎今回のレースは自分の中でも良い感覚で走れました。また、練習を積み、自己ベスト更新を目標に頑張ります!

倉岡選手コメント

3000mに出場させていただきました。これまでの試合と比べるとよかったと思えるレースができました。これから日本選手権に向けて、頑張っていきます。応援ありがとうございました。

荘司選手コメント

今回のレースでは久しぶりに応援団の皆さんの前で走れて、たくさん応援してもらえてとても嬉しかったです。自分の走りとしてはまだまだで悔しさが残る結果になってしまいました。ですが次は日本選手権があるので切り替えてまた頑張っていきたいと思います。応援ありがとうございました。

森林選手コメント

たくさんの応援ありがとうございました。熱い声援のおかげできつい所も乗り越える事が出来ました。今後ともよろしくお願いします!

矢田選手コメント

応援ありがとうございました。今回は初めての10000mで、緊張はせずどこまでいけるか楽しみでした!走ってる中でDENSOの応援が大きくてとても嬉しかったです!初めは引っ張ったけど、もっと最後まで引っ張れる力をつけたいと思ったし、最後もダントツで抜かれ、自分の力不足が目に見えて、もっと強くなりたいと思った試合でした。しっかり練習で耐えて強くなります!ありがとうございました。

松本選手コメント

お忙しい中、ご声援の程ありがとうございました。初の10000mということで、未知な挑戦ではありましたが、チャレンジ精神を持って走りました。中盤の1人になってから社員の方々の応援が力になりました。ありがとうございました。

池内選手コメント

今回、トラックレースとしては数年ぶりに、先頭に立ってレースを引っ張る展開となりました。とはいえ、スローペースに持ち込んでラストに勝負をかけたり、ハイペースで押して序盤から振り切るといった、メリハリのあるレース作りをするとまでは至りませんでした。ですが、試合に対するイメージが、以前よりポジティブになってきている事は、自分としてはとても良い傾向だと思います。この流れを止めることなく、次のレースに向け努力を積み重ねていきます。悪天候の中、応援に駆けつけて下さった皆さま、本当にありがとうございました!

小泉選手コメント

いつも本当にたくさんの応援ありがとうございます!名前で呼ばれての応援はすごく力になりましたし、嬉しかったです。今回は無駄な動きをした事が、レースの結果につながったと思います。次に向け頑張りたいと思います。

 

<開催地>

岐阜メモリアルセンター長良川競技場【岐阜県】