2015.12.23
「第35回全日本実業団対抗女子駅伝」を振り返り

 

全日本実業団対抗女子駅伝を振り返り、監督よりコメントさせて頂きます。
 

12月13日 宮城県にて開催されました第35回全日本実業団対抗女子駅伝では、目標としていた “3連覇” を大会新記録で達成することが出来ました。
当日は、たくさんの方々に現地へ応援に来て頂き、また、テレビの前で声援を送って頂き、本当にありがとうございました。
皆様の熱い声援が、選手たちの背中を押す大きな力になりました。
 

今年1年間、「Forever Challenge」をスローガンを掲げ、全日本実業団女子駅伝での「3連覇」を最大の目標とし、“守りにはいるのではく”、常に“挑戦者”の気持ちを持って強化に取り組みました。
昨年までとは違いチーム内での競争も激しくなり、個でも戦える選手達が育成できました。
 

結果、自信を持って送り出した選手達が、重圧にも打ち勝ち、全員が持てる力を出し切り、前半から主導権を握り区間新2つ・区間賞1つを獲得し、大幅な大会新記録で3連覇を達成することができました。
目標を達成出来たのは、今年も多くの皆様の盛大な応援、多くのご支援・ご協力を頂き、チームDENSOの総智・総力で勝ち取った優勝を実感しております。
 

次年度は、「駅伝4連覇」という目標に向かって、チーム全員でレベルアップしていくことはもちろんですが、オリンピックイヤーでもありますので、個人としても日本のトップレベルで戦える選手、日本代表を輩出していきたいと思います。
今後も選手・スタッフ一丸となって、より一層励み、精進を重ねていきたいと存じますので、これからも皆様の変わらぬご支援・ご声援を、宜しくお願い致します。
 

ありがとうございました。


 

2015年12月23日
デンソー女子陸上長距離部
監督 若松 誠

≪ ひとつ前に戻る